パピヨンのシャンプーの仕方

パピヨンは美しい被毛が魅力で、美しい被毛を保つための
飼い方として、定期的なシャンプーが大切です。

人間用のものはやめて、犬専用のものを用意しましょう。

小型犬なので1回に使う量は少しで良く、質の良いものを使うと
毛質のためにもなります。

まず、よくブラッシングをして、毛玉やホコリなどを
取り除いてあげます。

次に、身体をお湯で濡らし、35~38度ぐらいのぬるま湯で洗いましょう。

シャワーの勢いは弱めにし、お尻や後ろ足の方から
シャワーをかけていきます。

顔はシャワーの勢いを弱めにし、鼻や目、耳などに入らないようにします。
シャンプーはよく泡立ててから身体に付けていきます。お風呂

目や耳に泡が入らないようにし、全身に行き渡るように洗いましょう。
すすぎはきちんと行い、お湯できれいに落とします。

すすぎ残しがあると、皮膚病などになる可能性があるので
丁寧に洗い流すのが大切です。

タオルで優しく、しっかり乾かし、優しくポンポンと拭きましょう。

ドライヤーは30cmぐらい離して使用しましょう。
皮膚に近すぎると、やけどする可能性があるので、
手ぐしをしながら乾かします。

ブラッシングできれいに仕上げ、ツヤのある美しい毛質を
保つことができるでしょう。

パピヨンの美しいコートを維持するために、
定期的なシャンプーを行うことが大事です。

慣れないうちは嫌がるかもしれませんが、愛情を持って
丁寧に優しく施していると、次第にリラックスして
慣れてくれるでしょう。

清潔感

パピヨンのための正しい散歩の仕方

小型犬のパピヨンは、とても元気で軽快な動きが
愛くるしいと愛犬家たちの間でも高い評判を集めています。

人懐こい性格で明るくお調子者ですので、家族の一員としても
愛されているのです。そのようなパピヨンを飼い方には
注意するポイントがいくつかあります。

散歩させる

足腰に負担をかけすぎないよう散歩する際は
アスファルトよりもできるだけ土や芝生の上を
歩かせるよう心がけると、安心です。

また、暑い日には脱水症状を起こさないよう
こまめに水分を飲ませるようにしておくことも必要となります。

パピヨンは暑さに弱いため、室内では温度管理にも
気をつけなければなりません。

暑さに弱い

クーラーや扇風機を上手く活用することによって、
快適な環境を整えてあげることが肝心なのです。

食事は消化の良いドッグフードを選んで多く与えすぎることの
ないよう配慮すると吐き戻しもなく安全です。

定期的に耳掃除を行うことによって、常に清潔な状態を
キープすることが可能となります。

さらに、毎日の便が柔らかくないかチェックしておくことも
健康管理に役立ちます。

このように、愛犬がいつまでも元気で過ごしていけるよう
飼い主がしっかりと管理して気を配っておくことが
何よりも重要なのです。

毎日散歩させることで犬のストレスを解消して
無駄吠えを防ぐことにもつながっていきます。

たっぷりの愛情を注ぐことによって、幸せな家族を
作れるのです。毎日の食事や運動、スキンシップを
バランス良く組み合わせることが大切です。