パピヨンの多頭飼いについて

犬は本来、多頭飼いに向いている動物といえます。
それは犬の祖先が狼であることも関係していて、
群れで生活するのを基本としていたからです。

ただし人間と一緒になってからも長いですし、
犬は野生でなければ群れでなくても大丈夫です。

ですからパピヨンを可愛いと思っていて、
もう一匹欲しいと思った場合も多頭飼いするには
問題はありません。多頭飼いの注意点

しかし、パピヨン同士なら相性が良いわけではなく、
別の種類の犬の方が仲良くなる可能性もありますから
それは覚えておきましょう。パピヨンとブリーダーの説明とそれに対するルールはこちら。

種類が違うからといって問題があるわけではないのです。

多頭での飼い方で注意しなければならないことは、
誰がリーダーなのかをハッキリさせておくことです。

犬にとってはリーダーがいないということは
結構なストレスになることがありますから、
まずは先に飼っているほうをリーダーとして決め、
餌やおやつをやるのもその犬からにするなどの
配慮をするようにしましょう。

犬が抱えるストレスの種類と解消する方法

犬が抱えるストレスの種類には二種類があると考えられます。

一つが心理的ストレスで、もう一つが身体的ストレスという事に
なると考えられています。

心理的ストレスは飼い主との間に感じる不安感などから生じると
考えて良いかもしれません。

ですから、飼い主である夫婦が争って口喧嘩をしているような
所にいると、自分がどうしていいのか分からないで
かなりの不安感を感じてストレスになるということです。

犬は自分の立ち位置というものを明確にすることで
安心していられるところがあるので、その根幹が
揺らぐような事があると不安になるという事です。

身体的なストレスは嫌な事を無理矢理させられるような場合に生じます。

苦手な犬の近くに連れていかれるなどの時に、リードを無理に
引っ張って連れて行くと、大きなストレスになっていると考える必要があります。

ストレス解消法としては、なでなでしてあげたりするスキンシップと
散歩に連れていくなどの具体的な分かり易い行動を取るという事で
ストレスが解消されていく事になります。

しっぽを振って喜んでいるような状態であれば、これは上手く
ストレスの発散が出来ていると考えていいでしょう。

逆に反応が鈍いという場合は注意が必要です。

関係性を大事に

一頭で買う場合には飼い主がリーダーですが、
同じ飼い主でも夫婦やカップル、家族などで飼っている場合には
人間の優先順位も必要になります。

安心して暮らせる

後からきた子犬が可愛くてそちらばかりを手にかけていると、
先にいる犬と新しくきた犬の関係性が壊れてしまい
相性が悪くなってしまいます。

あくまでもリーダーはこの子だ、ということを
ハッキリわからせるほうが犬との共同生活はうまくいくのです。

また、多頭飼いでも一頭飼いと同じように
お金や手間をかけるようにしましょう。