VIO脱毛でIOラインを永久脱毛しても後悔はない?

VIO脱毛では普通、Vラインをある程度残して
形を整え、IOラインはツルツルに脱毛してしまうと
いうのが一般的です。

Vラインにおいては審美性の追求、IOラインにおいては
清潔さと快適性の追求が目的であると言えます。

なぜでしょうか。

生物学的にアンダーヘアは古来、生殖器のある場所を
示すために注目させる、またフェロモンを付着させて
そのニオイを発散させるという目的があったはずです。

過ごせる

しかし今日ではいずれも考慮に
値しません。

そのため必要に応じて形を整えたり、
脱毛してしまうという発想は
当然生まれてきます。

VIO脱毛におけるおすすめは、
Vラインを自然な形に整えてその周囲を脱毛、
IOラインは清潔さ・快適さの追求から
ツルツルになるように脱毛してしまうと
いうスタイルです。

蒸れ・ニオイの発生・かゆみなどが
大幅に軽減するメリットがあります
ので、非常におすすめです。

施術を済ませた人であれば、
デメリットなど考えられないと
いうのが普通です。

楽しみ

日本には温泉などの文化がありますから、
Vラインまで完全脱毛を施すという事に
抵抗を感じる人もいるでしょう。

ただしVIO脱毛の認知度そのものが高まってきて
いますので、オシャレの一貫としてVラインも
もっと個性的な形にしたり完全に脱毛してしまう
というのもまたおすすめと言えるようになってきました。

ところでVIO脱毛に関しては誤解も多いのですが、
永久脱毛という事にはなりません。エステティック
サロンであれ医療系美容クリニックであれ、再発毛
までの保証期間を設けるという形で対応している
のが普通です。

数年から十数年というのが一般的でしょう。
もしより永久脱毛に近づけたいのであれば、
医療系美容クリニックがおすすめです。

こちらではレーザー方式によって施術が行なわれ
ますので、エステに較べて出力が高く、脱毛効果が
強力なためです。

またトータルの施術回数も少なくて済む可能性もあります。